読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▼皿▼燕観戦記

2016感想戦は突然に

過去のヤクルト株主総会まとめ

▼皿▼1日ずつの纏めは都合がつかずできなくなったので。気になったトピックスを。
もうすぐヤクルト本社株主総会なのでここ数年、ヤクルトの株主が何をチームに訴えたかをまとめてみてる。

2013年

www.nikkansports.com

株主からの質疑応答では、ヤクルト球団に関して「けが人が多いのはどうしてなのか」「けが人の一覧表が欲しい」「高卒で入ったのにたばこを吸っている選手は、ヤクルト球団に入ってから吸っているはずなのに、健康飲料を扱うヤクルトで喫煙をだれも注意しない環境はどうなのか」などの質問があった。

 株主総会後、衣笠剛球団社長兼オーナー代行は「不注意によるけがは昨年より減ってきているが、株主総会で何人か同じような(故障関連の)声が出ている。もう1回フロントで連係しながら、よりけがをしないようにしたい。喫煙は20歳になっていないのに吸っている選手は聞いたことがない。個人の嗜好(しこう)の話になるが、球団の姿勢としては禁煙をうながしていきたい」と話した。

…最下位に低迷するチームで質問する内容はソレっすか…。 

 

2014年

www.sanspo.com

ヤクルト本社の定時株主総会が25日、東京・港区のホテルで開かれた。衣笠剛球団社長は席上、球団に関する質疑に答える形で来季以降のキューバ人投手獲得に向け、今夏に奥村政之編成部国際担当次長を同国に派遣する方針を明かした。  キューバ政府が1月に選手の海外移籍を解禁した後は、巨人がセペダ、DeNAがグリエルを獲得。衣笠社長は「(両球団に)後塵を拝したところはあります」としながらも「より良い選手がいれば契約に向け進めていきたい」と意欲をにじませた。

 なお実際に奥村スカウトがキューバに向かうもめぼしい選手は見当たらなかった模様。

 

2015年

www.sponichi.co.jp

ヤクルト本社の定時株主総会が24日、都内で開かれた。質疑応答では球団に対して「毎年必ず大きな連敗をしている。ドラフトで獲った選手も活躍できていない。戦力補強は適切にできているのか?」と厳しい声が上がった。

 2年連続最下位のチームは今季、4月に首位に立ったものの、5月には9連敗を喫するなど現在はBクラスに低迷。衣笠剛球団社長は「今年はFAで(成瀬と大引の)2名を獲得した。成瀬は調子は上がらないが、シーズンを通して必ずバランスを取って終えてくれる。ドラフト1位の竹下はケガでリハビリ中だが、2位の風張は2軍で投げている。セ・リーグの混戦から抜け出したい」と答えた。 

 株主総会後、チームは快進撃を続けることに。大引は遊撃守備の穴を埋めた事で十分成功。成瀬の3勝が優勝の差なので成瀬も正しい補強といえば正しい補強に。ドラフトは…うん。

 

▼皿▼今年はどうなることやら。